最新のInternet Explorerでご覧ください。

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、このウェブサイトを正しく表示することができません。
マイクロソフトのホームページ で最新バージョン(無料)を入手してください。※IE10以上推奨

Windows XPをお使いの場合は、最新のFirefox(無料)を mozilla社ホームページ よりダウンロードしてご利用ください。

1,646人が新天地大邱教会に2度目の血漿寄贈

投稿日2020年9月10日  投稿者たま  カテゴリーその他  都道府県全国 閲覧数109

손대성 기자ソン・デソン 記者

新天地聖徒 第2次血漿提供
7月27日、新しいコロナウイルス感染(コロナ19)薬の急速な開発に第2群血漿を寄付する新しい新天地イエス教会のメンバーが、第2群血漿を寄付しました。

6月6日、大邱新天地イエス会(新天地)は、コロナウイルス感染症(コロナ19)の新薬開発を促進するために、第2群血漿寄贈を完了したと発表しました。

血漿を寄付してきた新天地の大邱教会には1,018人の信者がいます。

彼らは先月27日から今月4日まで大邱運動促進センターで血漿寄付を行いました。

これに先立ち、7月には628人が最初のグループと個人に寄付されました。

2回の血漿ドナーに参加した信者の数は1,646人でした。

米国疾病管理薬学薬センターは、コロナ19血漿療法の開発のために血漿の確保に取り組んできました。

血漿療法は、血液中に含まれる抗体および免疫グロブリンの濃度および製剤を使用して治癒するために多くの血液を必要とします。

新天地大邱教会は、「2月と3月には、新天地イエス教会の信者に対してコロナ19の無料テストを行い、政府が感染者を治療する負担に感謝し、血漿提供者に提供された20万〜30万ウォンの輸送手数料を受け取らなかった」と説明しました。